ふるさと納税は絶対にやろう!

 

どうもスケです(∵)

世の中には、知ってるだけで得することがたくさんあります。

今日はその中の一つ、

「ふるさと納税」について書いてみたいと思います。

 

多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等様々な住民サービスを受けて育ち、

やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。

その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。

そこで、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」(出典:「ふるさと納税研究会」報告書PDF)、そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。

総務省参考ページ

 

端的に言うと、通常、住民税はその人が居住している(住民票のある)自治体へ納めるのが普通ですが、

この制度を使うと、自分が生まれ育った市町村や、応援したい自治体などに納税することができる制度です。

これは、都市人口が増え、田舎の過疎化が進むドーナツ化現象は許容しながらも、納税先を

納税者自身が選べることによって、地方自治体の税収を確保しようとするものです。(多分)

 

また、納税者にとってもメリットがあります。

それは、

返礼品

です。

各自治体は、自分のところへ納税してほしいので、そのお礼に

返礼品というものを準備しています。

納税額にもよりますが、高級焼肉、寝具、電化製品に至るまで多種多様な返礼品があります。

 

上述にあるように、納税先は納税者が選べますが、その大きな基準の一つが

返礼品です。

今や返礼品によって納税先を決める人がほとんどです。

 

しかも、

 

ふるさと納税した金額のうち、

 

自己負担分2千円を除いた金額は

全て所得税・住民税から控除されます!

 

つまりこれはどういうことかと言うと、

 

税金が減額される+返礼品がもらえる

 

ということです。

これ、やばい制度ですよ!

知らない人、知ってるけどやってない人は絶対にしてください!

わからない場合は教えますよ^ー^

友達限定で(∵)

 

https://www.furusato-tax.jp/about/simulation

 

たとえばこんなところで自分の上限金額が調べれるので、ぜひやってくださいね!

今は確定申告も不要なので手続きもめっちゃ楽ですよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です