王道は為替取引と考えます。

どうもスケです(∵)

 

さて、今日は外国為替証拠金取引、つまりFXについて書きたいと思います。

数ある金融商品、投資対象の中で実際に資本を投下する基準は何でしょうか?

人それぞれ違うと思いますが、僕なりの基準があります。

少額から開始出来る

まずはこの項目。株価CFDもですが、FXはさらに少額からの取引が可能です。

仮にあなたが投資の天才だとして、年率1パーセントの運用が出来たとしましょう。

1000万円の運用で、1年後には1100万円になっているということです。

投資商品には、そういったたくさんお金を持っている方だけが買えるものもありますが、

一般庶民は買えませんよね?

だから僕たちは限られた資金を増やし続けなければいけません。

FXは数百円の資金でもスタート出来るので、誰でも簡単にスタートすることが出来ます。

資金効率がいい

FXには「レバレッジ」と呼ばれる仕組みがあり、個人の場合は

25倍までのレバレッジをかけることが出来ます。

レバレッジとは「てこ」のことであり、例えば手持ち資金が100万円の場合は

2500万円分の取引が可能となります。

つまり、資金を増やすスピードも25倍となります。

ただ、なくなるスピードも25倍になるので注意が必要です。

 

流動性が高い

一般的に、外国為替市場は1日に500兆円のお金が世界中でやりとりされていると言われています。

流動性が高いということは過度な変動も少なく、プロではない私たちでも比較的安心して

相場に挑むことが出来ます。

特に、ドル、円、ユーロ、ポンドなどのメジャー通貨から始めると良いと思います。

 

投資対象が多くない

 

取引会社によって異なりますが、取引できる通貨ペアはそんなに多くありません。

約10ペアから30ペアが一般的でしょうか。

株の場合は東証1部に上場しているものだけでも2000社を超えます!

そんなに多数の投資対象から、自分が何に投資するのかを選ぶのは僕は無理なので、

FXのほうが良いと思います。

やっててカッコイイ(笑)

あとは勝っても負けても相場と向き合うのはそれなりにかっこいいですw

「趣味?経済の勉強かな?(∵)」

と澄まして言うと、意外と引かれますけどね。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です