【格言】頭と尾っぽはくれてやれ

どうもスケです(∵)

今日は初めて投資の格言について書きたいと思います!

昔の人はほんとにすごいもので、投資の世界にも古くから伝わる古い格言があります。

当ブログでは機会を見てそういった格言も紹介していけたらと考えております。

 

さて、今日の格言は題名にもあるように

「頭と尻尾はくれてやれ」

です。

ここでいう頭とは、いわゆる相場の天井部分、

尻尾とはその反対の相場の底の部分となります。

つまり、投資家というものは、どうしても底で買って天井で売り抜ける

或いは天井で売って底値で買うことを目指してしまいます。

ただ、それは不可能ですし、それを目指すことによってみすみす利食いのタイミングを逃したり、

エントリーせずに機会を損失してしまいます。

だからこそ、そういった余裕をもって取引に挑むことが相場に勝つ一つの

ヒントということで、今も通ずる格言となっています。

 

私たち一般の投資家も是非参考にしたいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です