一流企業で働けない自分

どうもスケです(∵)

 

数日前、見たことないインスタアカウントからフォローリクエストがあり、

承認してみると昔からの友人の梨絵でした。

リエは二つ年上で、僕が20歳の頃、専門学校の頃に知り合った女性で、

久しぶりに会ってゆっくり話そうってランチに行ってきました。

 

梅田で待ち合わせをし、久しぶりに再会した梨絵は、今年でいつのまにか36歳やけど

めぇぇぇっちゃ美人やった!(笑)

元々有名雑誌のモデルをしていたけど、子供二人産んでもほっそいし

何より可愛い!

もうね、スケのスケべ心がスケスケでしたよ嘘です(∵)

で、茶屋町でランチ。

リエと最後に会ったのは、一人目のお子さんが3歳の頃だったので

もう5年ぶり(!?)やったけど、その会わなかった時間が

無かったかのように自然に話せたのがまた嬉しかったな。

 

で、話してて感じたことは、今の自分とと、ちゃんと学生時代にちゃんと勉強して、

いわゆる社会のレールにちゃんと乗ってる人たちとの差です!(笑)

 

リエの旦那さんは某携帯電話の3大キャリアの社員さんで、

リエは某広告代理店勤務。

なんかね、出てくる会話が僕にとって眩しすぎでした。

 

僕はいつも人と違う道を歩み、持ち前の要領の良さでなんとか今もやってますが、

やっぱり努力しないとダメだと改めて感じた。

あと、その旦那さんやその周りの人たち、つまり世間的にハイスペックな人たちも

僕が取り組んでいるように為替や株、他にも不動産などへの投資は全く珍しくなく

むしろ普通のようでした。

これが一番驚きました。

貯蓄信仰のある日本の、かつ(恐らく)保守的な人種でもそういったことをちゃんとやっているんだなと。

 

「え、鬼に金棒やん」

って思いましたw

 

ただ、一方的に落ち込んでいる訳ではありません。

僕は今ベンチャー企業に勤め、とても夢のある事業に取り組んでいます。

正直今は所得は高くないですが、そんじょそこいらの上場企業を超えるくらいの希望があります。

そして僕も彼らと同じように投資に向き合っています。

 

いつになるかわかりませんが、僕のようなデブでハゲで(デコ広いだけ!!)バツイチの

引きこもりでも、ちゃんと胸を張って行きたいです。

 

ダンゴムシだけが友達のスケでした(∵)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です