レバレッジって素敵です

どうもスケです(∵)

今日は投資の基本中の基本である

レバレッジ

について書いてみたいと思います。

僕が得意とするのはいわゆるレバレッジ商品というものなので、

ここを抑えるのが肝になります。

 

レバレッジとは

レバレッジとは

てこ

のことです。

てこの原理のてこですね。

つまり、小さい金額で、大きい金額を動かす(投資する)ことができます。

例を挙げますと

現在のドル円の為替レートが100円だとします。

そして、手持ちの資金が100万円だとします。

レバレッジを使用しない(レバレッジ1倍といいます)場合は、

1万ドルしか購入することが出来ません。

今現在、日本の取引会社の個人口座の場合はレバレッジが25倍と法律で

定められておりますので、最大手持ち資金の25倍の金額まで投資することができるので、

資金の少ない僕たち個人投資家にとって非常にありがたい仕組みです。

 

メリット

上述の例の続きですが、レバレッジ1倍の時に1万通貨購入し、

為替レートが101円になった場合の利益は1万円です。

ではレバレッジを25倍にした時はどうでしょうか。

手持ち資金は100万円なのにその25倍、つまり2500万円分のドルを購入することができるので、

ドル円レートが1円円安になり101円になると、なんと

25万円

の利益が出ます!

やばいですよねw

 

デメリット

レバレッジには上述のように非常に大きなメリットがありますが、

もちろんデメリットもあります。

それは、自分のポジションと逆に相場が動いた場合は、レバレッジの分だけの損失が膨らみます。

ドル円のレートが99円になった場合、

マイナス25万円

になります。

つまり、手持ち資金の25%を一気に失ってしまうことになります!

これがレバレッジの怖いところです。

まとめ

メディアや書籍などで儲けた、儲かった、などの言葉で賑わせている

成功者は必ずレバレッジを活用した取引をしています。

同様に、

手持ち資金のほぼ全てを失った

相場からの退場を余儀なくされた

という人たちも必ずレバレッジを利用しています。

よく、レバレッジは

諸刃の剣

と形容されるくらい、良い面、悪い面がかなり顕著にあります。

レバレッジを過度にかけることは利益が増大する反面損益も想像以上に拡大します。

適度なレバレッジで心に余裕を持たないと成功しないと思うので

性質を良く理解してうまく活用したいですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です