ペイペイ100億円あげちゃうキャンペーン(ガクブル)

 

どうもスケです(∵)

 

やばいですね。ペイペイ。

 

ん?何のこっちゃわからんって?

 

https://paypay.ne.jp/promo/10billion-campaign/

 

 

これですよ!

 

これ!!

 

晴天の霹靂ですよー!!!

 

 

さて、そんな人たちのために解説記事を書いてみたいと思います。

 

PAYPAY(ペイペイ)とは

さて、そんなペイペイとは何なのかというと電子決済手段の一つです。

電子決済とは現金を使わずに、主に携帯のアプリ等を利用して決済するものが多いですね。

日本はまだ現金文化が根強いですが、中国は特に電子決済の普及率が高いです。

個人的な話をするならば僕はクレジットカードで十分なんですけどね。。。(笑)

そんなこんなで、日本市場は電子決済業界にとっては最高のブルーオーシャンなんです。

しかも、こういったインフラは先にシェアを奪ってしまうとなかなかそのシェアが変動しにくいという性質があります。

ですので各社共に営業やサービスの拡充に努めているのが昨今の状況です。

度肝を抜くキャンペーン

 

元々ペイペイは営業マンを

 

3000人

 

採用するなど桁違いの動きを取っていました。

が、それよりもインパクトのある施策をこの度打ち出しました。

 

それが

 

100億円あげちゃうキャンペーン

 

 

です(笑)

 

ネーミングだけでも相当インパクトありますが、すごいのはその中身です。

順番に説明すると、

 

1、40回に1回の割合で全額戻ってくる(10万円まで)

 

2、ヤフープレミアム会員なら20回に1回

 

3、ソフトバンクユーザーなら10回に1回まで(これがやばい)

 

4、普通に使っても20%キャッシュバック

 

 

・・・。

 

 

まじで意味がわかりません。

 

そして今世間はすごいことになっています。

 

まじで盛り上がってますねw

 

そんな僕はおとといちゃっかりビックカメラでダイソンの掃除機買いましたw

 

電子決済の将来は

 

上述の通り、ソフトバンクグループらしい破格のキャンペーンで

 

世間にインパクトを与えていますが、本質は電子決済がこれからどの程度日本に普及するかです。

 

今、消費増税に合わせてキャッシュレスなら2%引きなどの国策にも影響を与えている電子決済。

 

これから普及するのは間違いないとは思ってます。

 

でも、クレジットカードの存在意義は無くならないでしょうし、どういう棲み分けが

 

進んでいくのかは気になるところですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です